スペシャルtとお茶プレッソの違い

スペシャルtが無料で使えるキャンペーン中

 

 

スペシャルtの最大のライバルといえばお茶プレッソです。

 

スペシャルtとお茶プレッソのそれぞれの特徴をまとめました。

 

 

ネスレ スペシャル.T

シャープ お茶プレッソ

(My T)12,800円  (Slim T.)7,800円※無料レンタルあり

16,000円前後(TE-GS10B)最安値を探す

ボタン一つだけで完璧な一杯ができる

「挽く・沸かす・点てる」という3工程で挽き立てのおいしいお茶ができる

最高級茶葉が入った完全密封カプセル(17種類以上)

自宅にある茶葉が使える

空気も光も湿気も通さないカプセルで味と香りを新鮮なままに保つことができる

セラミック製の臼で挽くので栄養成分が壊れにくく、栄養価が高い

それぞれの茶葉に合った「温度と蒸らし時間」を自動認識・設定してくれる

まるで茶筅を使って点てるように、「回転はね」がお湯と粉末茶を丁寧にかき混ぜ、まろやかで深みのあるお茶に仕上げる

お茶の濃さを調整できない(My T.のみが調整できる)

挽く時に米や実が入っているもの、硬い素材でできたもの、粉に近いものはNG

カプセルの再利用はできず、一回きり

約6gの茶葉で10杯分のお茶ができる

 

 

 

スペシャルtの方が確実に美味しいお茶が飲める

スペシャルtの魅力はなんといってもボタン一つで完璧な一杯が煎れられることですね。

 

それに対してお茶プレッソは「挽く・沸かす・点てる」という茶道の基本に習っていますが、茶葉がお茶プレッソに合わないことがあるのが残念なところ。

 

よっぽど気に入った茶葉があり、なおかつ茶葉の大きさが適合しているようならお茶プレッソでもいいですが、飲むことができるお茶のバリエーションではスペシャルtの方が勝っているのではないでしょうか。

 

>>トップページへ